低予算の新築住宅

各社新築住宅を低予算で、商品化していますが、予算から突詰めると同じデザイン同じ仕様になるのが解ります。
今の時代に、同じような商品を提供してよいものか悩みます。

て、言うのも今の時代が去り、安定した時が来たら、今のデザイン住宅、モダン住宅は、滑稽なデザインに見える様なきがします。

今建築される方々は、今のデザインを35年も見て暮らすのです。
流行は、何の世界でもありますが、こと、住宅は、厭きたからといっても簡単にやり返られませんから
シャープなデザインと言う言葉ににごまかされない様に注意して下さい。

後々、我が家が、倉庫に見えるなんて・・・

雨漏りも大変にならない様に・・・

将来の事も考えて住まい作りをしましょう。

住宅「ひかり」・「風」を千葉・東金・成田・佐倉・富里・四街道・八街市など千葉県全域へ

「ひかり」・「風」

【新商品のお知らせです】

挨拶

風ひかり
※【ホームぺージ立ち上げ当初の文言】

マナホームの新商品 「ひかり」 「風」を発表いたします。5月5日に商品化する事が出来て幸運です。

様々な商品がある中、マナホームは、シンプルに「家」に必ず必要な「採光」「風通し」にこだわりました

もともと日本家屋は、シックハウス・アトピー・喘息等々には、あまり縁が無かったと思います。

以前の「家」は、「自然素材」 「骨太」 「棟梁が作る」とか、あえてタイトル、言葉にしなくても、それが

一般的でした。そして、「家」を建てる時は、「地鎮祭」 「上棟式」 「竣工式」と言う儀式が、きちんと

行われていました。

最近の「家」は、姿さえ近代が生んだ外観をしていますが、宣伝文句は、以前の「家」作りに無くてはな

らない言葉ばかりです。「家」を建てる時、昔は、家相を見て設計された家が多かったと思われます。

旧家は、特にそうです。そして、家相を見ることは、方位を見る、東西南北を調べて建築したのです。

家相・方位を見ることで「風通し良く・明るい家」が、出来るのです。

基本的に「日本風土」に合わせる為には、「家が湿気無いよう・光が入るよう」に、しなければならないの

です。時代が、確かに変わり色々な箇所が、機械的に動いていますが出来れば自然がいいです。

そして、今回の商品は、自然の力で、メンテナンスコスト,光熱費を削減出来る住まいです。


内部の仕様もかなり充実しています。  

※マナホームの商品名 「ひかり」 「風」は,2013年5月5日に仕様変更致しました。

 間取り図段階から通風、創風、採光の設計をサポート、アドバイス致します。

 構造(耐震等級3)外部・屋根仕様(ケイミュー)内部仕様(パナソニック)断熱材(吹付け断熱)

 太陽光 (東芝)など、他にも、外壁仕様をタイル、パワーボード、その他変更も可能です。

 「認定低炭素住宅」仕様に変更致しました。

 
 お客様のご要望に合わせる事も可能です。

info@manahome.jp


必読!“無料”小冊子進呈中!

必読!“無料”小冊子進呈中!
お問合せフォーム