先行外構工事を行う敷地

お世話になっております。

さて、早速ですが、

計画に基づき、土地形状を作り出す作業が先行外構工事と言います。

土地形状には、先行の外構工事を行う土地が御座います。

道路より高い土地に家を建て、手前を駐車場、ガレージにするプランには、先行外構工事を行

います。将来駐車場、ガレージになる場所の土を処分、境界擁壁工事等行わなければなりませ

ん。

残土処分についてですが、

土の量にもよりますが、土の質が悪かったりする場合もございますので、残土処分に高額な費

用が発生することが御座います。

土の処分量(体積)は、作業前の寸法で計算した体積と異なり、重機で運び出す場合の量は、

20%ぐらい異なることが御座います。先日、「一宮町の現場で行った先行外構残土処理の

場合は、土の質が粘土質で作業性が悪い土で、作業前の体積が100㎥だとすると、重機とダ

ンプカーで運び出した量(ほぐした土量)、最終的に130㎥に増えた例も御座います。

30%も増えた例もございました。」

その様なプランの場合には、先行外構から着工して、その後、建物本体の基礎工事を行う様に

なります。

マナホームの場合は、外構工事も行っておりますので、本体工事完了後、引き続きブロック、

フェンス、駐車場工事という流れで進めております。

先行外構工事が発生した場合は、後の外構工事もお任せください。トータルで予算組ができる

からです。少しでも良いものを安価で届けたいからです。

「これからご計画のお客様、無理、無駄が無いマナホームにお任せください。!!」

一つ一つを確認・確認しながら進めていくマナホームを宜しく御願い致します。

ご連絡お待ちしております。


必見パンフレットをプレゼント!

お問合せフォーム