佐倉市井野 KJK韓国語学院 火災保険工事

本音で語るマナホームの原です。

先日、佐倉市井野で、韓国語を教えていらっしゃるKJK韓国語学院の先生から連絡を頂きました。

工事内容は、時期はずれの台風による保険使用の屋根工事です。

現場調査を行い、見積りを提出致しました。

保険会社からは、今現在連絡はありません。

おそらく、受理されたと思います。マナホームとしては、なるべく早く工事してあげなくてはと、考えてお

ります。

最近、自然災害が、日本列島を破壊するかのように次々と起こります。

しかも、必ず、死者、家の倒壊、避難所、と言う言葉が付いてまわります。

他人事ではありません。何か全ての面で、悪循環です。

自然災害の台風と政治が巻き起こす台風とで、日本列島が心配です。(口だけ、ジェスチャーだけでは

誰でも出きるぞ、的確に行動できる人、人、居ないのかな 頼りないよ!!)

保険会社さんも頑張ってくださいヨ・・・

K様宜しく御願い致します。

八街市A様邸 火災保険使用工事

御世話になっております。

マナホームの原です。

先日、4月11日の昼時の事です。

電話連絡でした。

「マナホームの原さんですか、近所のAですけど始めまして、先日の暴風で屋根がはがされて直して頂

けますか?梅雨も来るし、できれば早くお願いしたいです。そして、火災保険でやって頂きたいのです。

たしか、保険で直せるはずだから御願いします。」の内容です。

そして、夕方状況を確認して来ました。

A様は、近所の方です。近所ですけど仕事の依頼は、今回が初めてです。

では、今までどの様な会社に依頼していたかと言うと、テレビコマーシャルでも目にする訪問販売業者、

リフォームのOO山とか、今は無いOO産業だそうです。(いろんな意味で・・・驚きました。)

Aさまの考えは、近所の業者だと、何か問題が発生した時お互いに嫌な思いをするから近所に頼まな

かった。解らない訳でもありませんが結果的に、大きな損害を受けてしまったのです。

今回は、マナホームで正しい事を御伝えしていきたいと考えております。

※詳しい事は、後日お伝えいたします。

2012年5月25日アップしました。
火災保険

築25年、定期的にメンテナンス工事をされていたそうです。前回の塗装工事は、6年前だそうです。
前回は、ヒョウ被害で、やはり火災保険で工事されたようです。(驚きの価格でした。)


火災保険
マナホームの見積りは、適正価格で、保険会社に受理されました。


足場工事完了

軒天井解体

保険担当者と話し合い、東面、南面を施工する事になりました。

南面と東面

解体してみると、下地材の不足、施工方法に問題を感じました。

そして、下地補強をしました。写真を御覧になると不規則に入っている事が解るかと思います。

補強中の写真です。


※最終的には、軒天、鼻隠しを全面仕上る予定です。

損害保険をご利用される修理・修復工事

工事によっては、保険を使用して、修理・修復工事を行なうことも御座います。

マナホームには、保険関係に詳しい顧問スタッフが常駐しております。

適切なアドバイスができますので、ご相談ください。

お問合せフォーム