2019年11月17日

自然災害に強く快適な環境の平屋住宅も準備してお待ちしております。

高齢化が進む中、自然災害も大型化が予想される今、

命を守る住宅環境づくりが必須ではないかなーと考えております。

今回の被害については、台風、15号.19号、そして、千葉県内の冠水被害

この一ヶ月半の間にとてつもない痛手を被りました。

もし、大きな地震と大雨などが同時に来た場合は、どうなってしまうのだろうか?

自然のパワーには、来年からの5G時代が到来しても通信機能そのものが機能しなけれ

ば、・・・

そんなこんなを、再認識した方々が、大半でしょう。

確かに、トータル的に世の中が進歩することは、重要ですよね。

この様な事を繰り返して未来が作られていくのでしょうから・・・

そこで、マナホームが社会貢献できることは何かと、・・・問いかけてみると

建物が「守る」、住まいが「守る」という考え方は以前からありましたが、

更に「守って、生活ができる」まで引き上げたいと・・・

それには、先ず、そんな土地に建築するのか?・・・その土地に建築するのか? 

から考えての上物建築。  これ基本でしたよね・・・

単純に、耐震等級が、丈夫なベタ基礎だから、au値いくつだから(確かに数値も重要)・・・

ではない考え方があっての今回のご提案です。

ハード面も含めて、ソフト面へ

50歳代からの住まい方をテーマにご提案させていただきます。

自然災害に強いコンパクト住宅です。

宜しくお願い致します。

お問合せフォーム