新しいビジネススタイルと聞いて・・・

お世話になっております。

「障がい者の働く場を作り出す新しいビジネススタイル」から思い出しちゃいました。

およそ37年前の頃のお話です。高校生でした。

静岡県浜松市に住む同級生のご両親のお話です。

共にスポーツで頑張っていた頃、試合があると彼のご両親だけは応援に来られておりました。

他の生徒の親は、応援には来ておりませんでした。

ある日、浜松の同級生に聞いたことがあります。

「お前のお父さん何の仕事しているの?」と、

解ったことは、浜松の大きな建設会社(地場ゼネコン)の社長さんでした。

そして、もう一つのお仕事は、「ヤマハの下請け」で、ボート、お風呂だとかを作っているこ

とを知ることになります。

そして、今でも耳に残っております。

そのお父さん、障がい者を積極的に採用して、雇用を生み出していたのです。

高校生の時にその話を聞かされ、「すげーなーこのおやじ」て感じたことを思い出しました。

そして、わが子にもたっぷりな愛情を注いでおりました。

今思えば、既に最先端ビジネススタイルを構築していたと思われます。

「スーパーお父さん」だったのだと思います。

昔の事思い出してしまいました。

詰まらないお話でごめんなさい。

必見パンフレットをプレゼント!

お問合せフォーム