千葉県 佐倉市 土浮 I様邸米蔵修繕工事

作業場近所の地主さんからの依頼です。

マナホームの作業場は、佐倉市土浮と言う地域に在ります。

土浮で作業を創めて、20数年経ちます。

過去に地元からの依頼はありませんでした。

やはり地元には古くからの地元の工務店が必ず存在します。

そして、地元の方もその工務店を大事にします。

しかし、世代交代の時代に入ったのでしょうかマナホームに依頼が来たのです。

地元の方々は、マナホームの存在を知っていました。

そして、評判までも知っていました。


”世間は狭い”と感じました。

地元にも、建築に携わっている方も多数いらっしゃいます。

その方々が、伝えてくれたそうです。

保守的な旧家の仕事を”実力”で頂くのは年月がかかります。

わが社も20数年かかって、やっと認めてもらったかと想うと大変嬉しいです。

これからも、地元にかかわっていきたいと想っています。


そして、I様の今回の依頼は、「米蔵の床が壊れたので丈夫に造ってくれ」の依頼です。

施工内容は、土間コンクリートを打ちます。そして、大引き、根太、床板も丈夫な部材で

施工する考えでおります。(I様のお宅では、独自の販売ルートを構築されて米の生産量が年々増えているそうです。)

宜しくお願い致します。


iwaitei.no1.jpg


iwaitei.no2.jpg
生コンクリートで建物と共に補強工事をしました。お米が山積みになっても大丈夫のように施工しております。

床は、丈夫に完成いたしました。

千葉県 千葉・四街道・佐倉・八街・富里・成田市 床リフォーム工事 (N様邸)

二階床工事
二階廊下の床を解体しました。築22年の住まいです。

二階床工事

根太・根太掛を新たにやり直しました。
養生が大事な仕事
階段を養生して作業をします。

洗面床
一階洗面所の床を解体しました。洗面の床は傷みやすい箇所です。


洗面床
床板を解体して、配管の位置を変えました。

築22年
床断熱材が入っていなかったので、今回の工事でネオマホームを入れました。

当時の床材
玄関ホール・廊下の床も解体します。

通風を確認
床下をきれいに掃除して床断熱材を入れました。

隙間なく入れます
断熱工事が完了しました。

車椅子対応フロアー
床板を張る作業です。

床下の清掃が大事
和室の床も解体しました。

当時は松の荒床
解体前です。

床は下地から吟味したリフォームを
床工事が完了しました。

模様替えでしたら貼りかぶせ工事でも
明るくなり広く感じます。レベルの修正も行ないました。

断熱材も長期優良な商品を
使用した床断熱材です。旭化成のネオマホームを使用しました。

お問合せフォーム